2018年02月08日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-08

「スランヴァイルプールグウインゲルゴウゲールウクウィールンドロブウリスランダスイハオゴゴゴッ」

これは世界でいちばん長い村の名前として知られている。チャトウィンの『パタゴニア』で現地の人が着ていたシャツに印刷されていたという描写で知ったのだが、改めて調べてみると、なんでもキャンペーンとしてわざと長く作ったらしい。いま住んでるところがこんなに長い町名だったら困るが、かといっていまの標準的で短い町名でも別に愛着など湧かないものだ。要するにそういうラベルとか語感に執着しても無意味であり、そこに住んでいる人や風土や設備にこそ愛着(あるいは逆に煩わしさや陰鬱な気持ち)が湧くものなのだろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook