2017年11月28日19時17分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-11-28 19:17:06

地元の日本史や国語の高校教員が書いた郷土史や評伝には面白いものもあるので、森浩一先生も他府県へ行ったら図書館の郷土コーナーを見たそうだが、当人の研究の力量はともかく著作を出版するときの編集が人材不足のようだ。著作物を二重括弧で囲むといった、高校の国語で習うようなことも知らなかったりする・・・ていうか、著者が国語の高校教員だったりするので(『本居壱岐女の歌』は高知の高校の先生が書いた本だ)、高校の教員ですら文章の基本的な書き方を知らないで教えているということになる。そういう事例を見ると、まぁそれなりに悲惨な印象は受ける。いい人たちだとは思うけど。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook