2017年11月28日11時07分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-11-28 11:07:16

@TJO_datasci 去年も一昨年もその前も言った気がするんだけど、これほどまでに国や機関のやり方に研究者の側で不満があるのなら国会通り〜外堀通りをデモ行進したりストライキを打ったりすればいいと思うんだよね。何故やらないのか

最近、Twitter で「エア・リプライ」や「エア引用」するときには "# /dev/null" という表記を冒頭に書いている。ちょっと気取った書き方だけど、分かる人に分かればいい。でも、一定数のツイートを連投するくらいなら、こうやってこちらに転載することも多い。 さて、上記のツイートなんだけど、そら、彼ら自身も「替え」が幾らでもあることを知ってるからだし、高齢者は放り出されると潰しが効かないことを知ってるからでしょうな。なんだかんだ言っても勤め人だし。一般企業の勤め人もストなんてやってないじゃん。この方は Google の社員なので、「アメリカでは~」とか言いたいのかもしれないけれど、そういう場合は簡単で、ならアメリカにいる勤め人を日本に連れてきてデモやストライキをさせてみたらいい。どれほど噴き上がったところで無駄であるかが分かる。そして、日本人の多くは、噴き上がって大声を張り上げたところで、ものごとが良い方向へ変わるとは限らないってことを 1960 年代に学んだんだよ。

とは言え、良くないと思うことをツイートしていたって何も変わらないわけで、少なくとも自分自身の投票行動に反映することが求められるだろう。そして、自分たちが望んでいることを実現するためには、特定の政党とか特定の候補者というよりも、どういう方針なり公約を掲げる人物や政党を選ぶことが望ましいのかを列挙した方がいい。多くの人に推論を求めても、たいていの人はそんな面倒臭いことはやらないわけであって、高等教育が軽視されるとどういうことが困るのかを説得力をもって論証したり解説することが望ましい。科研費の申請が面倒臭いとか、そんな市井では誰でもやってるようなことに文句を書いているだけでは、そら誰の理解も得られまい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook