2017年10月20日09時57分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-10-20 10:00:06

たまに Twitter でフォローしている何人かの女性が夫婦別姓について書いたり QT してるのを見かける。もちろん、僕は別姓でもいいし同姓でもいいと思っている。が、その理由はフェミニストがよく言う女性のアイデンティティを保護するということではなく、もともと名前にアイデンティティなど求める必要が無いと思うからだ。したがって、海外のように結婚を機にお互いが同時に姓を変えてもいいし、その時に新しい同姓を名乗ろうと別々の新しい姓を名乗ろうとかまわない。具体的に言うと、family_A + given_B と family_C + given_D が結婚するときに、お互いが family_E + given_A と family_E + given_D に改姓してもいいし、全く違う family_E + given_F と family_G + given_H に姓も名前も二人で同時にバラバラに変ってもいいと思う。個人が当人としてもつ「アイデンティティ」と、行政上の管理情報としてトレーサビリティを維持する identification は別であって、identification が保たれるのであれば、どういう任意の文字列に当人が「アイデンティティ」をもとうと、そんなことは自由だというのが僕の意見だ。

この根拠は単純で、僕は言葉の魔術説を全く信じていないというだけのことである。それは哲学的な指示の理論としてだけではなく、社会学的・人類学的・民俗学的な意味合いとしての文学的なセンチメンタリズムも認めていないということだ。しかし、それは僕がそう思うというだけのことであり、やはり社会学的・人類学的・民俗学的には多くの人がそういうセンチメンタリズムをもち、そして法律というのは多くの人々の内心や感情に大きく反しつつ長年にわたって維持されるものではないから、最大限で僕が信じるような自由があっても、そうしない自由だって保証されなくてはならず、そしてどういう氏名を選んでも不利益が生じないようにすることが「自由」を保証する制度全体の眼目である。

実際、僕の名前が「河本孝之」ではなく「森匡史」や「竹尾治一郎」や「中才敏郎」だったとして、それがいったいなんだというのか。こういう名前をもつだけで自動的に科学哲学や分析哲学を学ぶようになるわけではないし、ましてや大学教員になれるわけでもない。例えば、熊本に「森匡史」さんという弁護士はいるし、「竹尾治一郎」という同姓同名の別人はなかなか見つからないが、全く別の職業の別人がいても何の問題もない。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook