2017年12月28日23時39分 に初出の投稿

Last modified: 2017-12-28 23:42:51

糸井 重里‏ @itoi_shigesato 糸井 重里 Retweeted 一色伸幸 どういう風に健康を取り戻していくのだろうか。 ひとつ言えるのは、「ネットは、社会そのものじゃない」という当たり前のこと。これは、大事なことだ。

耄碌したと言うべきか、広告屋なんて最初からこうだと思うべきか、あるいは上場して頭が腐ったのか。色々と意見はあるようだが、広告代理店の周辺にいる人たちって、いまバカに流行してるアクティブラーニングでもそうだけど、最初はコミットしてるふりをして、金にならないか批判されるようになると、こうやって軽快に距離をとり始めてフェードアウトしていくんだよね。だって彼らのゴールは「官公庁案件にクロージングして二桁単位の億の見積もりになるかどうか」であって、世の中がどうなるかなんて知ったことではないからだよ。だからこそ、平気でモンサントや CCC のコピーも書けるし、自民党のポスターも作れる。そして、雲行きが怪しくなってきたら「人々の反応を見ることが目的だった」とか、人々のネットでの反応にコミットしてきたのは飽くまでもバーチャルなものとしてだという、色々な逃げ口上を並べる。日本のセンチメンタリズムだけでものを書いている文化左翼によくあるパターンだよね。もちろん彼らは「プロ」だからそういうふるまいをするわけだけど、言い換えれば、産業や文化として公に容認されているにすぎない、プロの詐欺師というわけだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook