2017年12月05日23時01分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-12-05 23:01:31

うちは年俸制なので賞与というのはない。そもそもこれは月給の一部を先送りにして、キャッシュフローが大きく痛まないようにするための財務+人事の施策なので、半年ごとの「ご褒美」ではなく、半年だけ先送りにした給与の一部を返してもらってるだけで、「賞与」という扱い自体が誤魔化しだ。だいたい、公務員でも組合員でもない三下が自分の業績を棚上げにして「給料の6か月分」とか計算できてる時点でおかしいだろう。そんな半年前から予測可能なお金が、何に対する「賞与」なんだよって話なんであって。でも、日本の上場企業や大企業の人々の多くは、それが当たり前として住宅ローンを組んだりしてるわけだよね。そら、保守的にもなるし参入障壁に全力で抵抗もするだろう。

まぁ、だからいけないとか言っても仕方がないとは思う。こっちにしたって、年俸制だからといってもボーナスが均等割りになってるくらいの金額かと言われれば、そんなことはぜんぜんない(笑)。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook