2017年12月05日09時14分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-12-05 09:14:50

日本の無戸籍者

>> 少なくとも一万人は存在するとされる日本の無戸籍者.女性の再婚禁止や嫡出規定など明治から続く民法の壁に加え,貧困などで出生届が出されないことがその原因だ.しかし,戦争や災害による戸籍の大量滅失はいつでも起こりうる.戸籍制度の曖昧さ,もろさを無戸籍の歴史と多くの事例から考察する. <<

昨日は identity について考慮したい話題の本を買った。

全くの余談だが、上記の表現は、identity について考慮したい「話題の本」と書いたんじゃなく、「identity について考慮したい話題」の本と書いた。前者の脈絡だと、単に売れ筋の本を買ってみただけという意味になるが、後者の脈絡だと「話題」というのは世評という意味ではない。もちろん、もともとの文を「昨日は identity について議論する際に考慮したいと思っている話題について取り上げた本を買った」と書けば誤解の余地は殆どなくなる(少なくとも「話題の本」というニュアンスで誤解されることはなくなる)。

話を戻すと、いまのところ幾つか読んできて、"digital" identity や "online" privacy の議論で底の浅いものは、たいてい identity というトピックに関わるこういう射程を無視して、技術や仕様の知識だけに訴えていると思う。人文・社会系出版社の人間が総じて疎い開発やネットの用語に通じていれば、あとは適当に青臭い正義感というワイヤーフレームにそれらの語句を貼り付けたら、立派な「社会思想書」という 3D モデルの出来上がりだ。日本の読書家や消費者というのは、実際のところそういう代物をしばしば買わされているのである。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook