2017年12月01日20時12分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-12-01 20:12:15

増田の准教授‏ @ProfMasuda たびたび言ってますが、教育困難大学どうこうより、学習困難学生をなんとかしないとどうにもならないという話。ライターさんや研究家さんはお仕事ですから好きなこと書いてくださって良いわけですが、当初想定していたであろう特定大学だけでなく、実態は日本全国どこも教育困難なのです。

底上げが日本で出来るなら苦労はしない。アメリカでも因数分解すら怪しい学生を入れるけど、大学がサポートしなくても学生に学ぶ動機や学び方を調べる意欲はあるじゃん。要するに必要もないのに大学に入ってくるのがおかしいんだよ。就職のためとか言うけど、僕はそうは思わないな。だって、実際に多くの若者は求人・採用の条件として学歴なんて必要ないところに就職してるじゃん。つまり、大学を経由しなくてもそういう道があると高校までに教えて進路を決めてもらうというのが最適な施策だと思うよ。なんて大学にとりあえずたくさん学生が入らないといけないのかね。まさか昨今の物書きがバカみたいに書いてる「多様性」ってやつかな。分母が大きくなっても、その大半がバカなら天才が大学に残る確率なんて、殆ど上がらないよ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook