2017年10月23日21時49分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-10-23 21:52:10

日産や神戸製鋼の失態から一部の方々は鬼の首を取ったように JIS 認証はザルだと言い始めてるわけだけど、では我々一人一人の消費者はどうやって企業や商品の安全性なり性能を見極めたら良いのだろう。「やらかしたら莫大な懲罰的賠償を課すから放任」ということでいいのかな。それで人が死んだり回復不能な失墜が生じない、軽微な範囲ならいいんだろうか。もちろん認証制度でもそういう保証はできないんだけど、認証すらなければテヘペロ起業家が増えるだけではないのかな。そういう泡沫起業家なんて増えたところで、実際には経済は何も変わらないんだけど。

ぶっちゃけ、たいがいの凡人なんて大きな事案にコミットさせるほどには信用できないわけだよ。泡沫ベンチャーなんて何万と起業しても、やはりビジネスや会社や産業が育つには一定の閾値があるんだよね。凡人の大半はその閾値を超えられないわけで、そんなのが幾らいても国家規模の経済においては誤差にもならない。ゼロなんだよね。当人の自意識にとっては意味があるんだろうけど、国家規模では無意味だ。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook