2017年10月22日00時34分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-10-22 00:34:10

多数を優先するのは効率のためであって、多数が正しいからではないというのが、30年前に高校自治会執行部で「多数決を疑え」とやってた僕らの結論だったけどねぇ。多数を優先した政策が失敗すれば、その中から意見を変える人もたくさん出てくるので、今度は別の政策が多数になる。逆、つまり少数を優先しても、それが失敗したところで優劣は変わらない。小数の中の多数が意見を変えても、残った少数をそのまま優先すれば、間違いがずっと続いてしまうじゃないか。多数を優先すれば、そういうことにならないと期待できるから多数決にしてるんだよ。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook